WordPress(WP)で誰でも自由に更新できるホームページを作りませんか?

誰でも簡単にホームページの修正、更新、管理、メンテナンスなどができる、CMSをご存知でしょうか?

CMSとはコンテンツ・マネージメント・システム(Contents Management System)の略で、Webサイトに掲載する文章、画像、音声、動画などを統合・管理するシステムのことです。

CMSの特徴の一つは、ホームページ作成やネットワーク、サーバー管理などの専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ追加、更新、編集、修正、削除などができることです。

これまでのホームページ、特に企業向けのホームページは、ホームページ制作会社に制作を依頼し、その後の更新作業なども、管理費、更新費用といった名目で、継続的に出費が続くのが一般的でした。また更新や変更を外部の会社に委託するので、依頼の連絡をしてからそれが実際のホームページに反映されるまでのタイムラグが問題になることもありました。かといって自社内にホームページの運営・管理スタッフを雇ったり、育てる余裕もない、というのが多くの会社に共通するところだったと思います。

そこで、特に専門的な知識も持たなくても、普通にワープロや表計算ソフトを扱う程度のパソコンスキルで、社内でホームページが管理できるCMSが脚光を浴びるようになりました。CMSは一度導入すれば、基本的にその後は継続的な管理費、更新費などはかかりませんし、専門スキルのない社内の誰もが扱えて、レスポンスも早い、といったメリットが高く評価されました。

とはいえ、一般的にCMS自体は非常に高価なものが多く、誰もが手を出せるというものでもありませんでした。「今後のWeb戦略として、ウチでもCMSを導入したい。しかしその予算が・・・」というところも少なくありませんでした。

ブログソフト、WordPress(WP)をCMSに!

そこで、いま新たなCMSとして注目されているのがブログソフト、WordPress(略称WP)。

WPはそもそもはブログを作るためのソフトウェアで、発表以来世界中で利用されている定番ブログツールです。

ブログは言うまでもなく、ホームページ作成の知識が無くても、誰でも簡単にブログ、すなわち日記風のホームページを作成できるツールです。

つまり「誰でも簡単にホームページが作成できる」という一番重要なポイントで、ブログとCMSとは大きな共通項があるわけです。

そしてWPは特徴の一つとして、プラグインの追加によって機能をどんどん拡張できる、ということが挙げられます。そういったプラグインで機能を拡張することによって、WPはブログの域を超え、CMSとしても十分機能できるツールにもなるのです。

しかもWordPressはオープンソースで無料です!

CMS導入を検討されている方には、ぜひWPの利用をお勧めします。